【コスパ最強ランキング決定版】行政書士の人気通信講座5社の価格を比較

行政書士の通信講座を徹底比較したおすすめランキング

行政書士の資格に興味がある。どんな予備校があるか知らないため、価格(費用)を比較した通信講座(通信教育)一覧を知りたい。

行政書士の通信講座(通信教育)を選択する基準として、価格・料金はとても大きな要因です。

ただ価格(費用)だけに着目してまうと、安かろう悪かろうの通信講座を選んでしまいます。

ぎょしょ

私は価格(費用)だけに注目しすぎて価格(費用)は安いものの、理解しづらいテキスト、過去問、授業であり、結果的に合格できなかった苦い経験があります。

このような失敗をあなたがしないためにも、価格(費用)はもちろん、カリキュラムに沿って勉強すれば行政書士の合格が充分可能なおすすめの通信講座5社を価格(費用)サービス品質(使い勝手)の2軸で分析していきながらランキング形式でご紹介していきます。

先に結論をお伝えしておくと、

のいずれかを選択しておけばまず間違いありません。

行政書士の通信講座と独学どっちにすべき?

行政書士の合格を目指すうえで、どの勉強形態を選択すべきかは非常に重要です。

しかし、仕事が忙しいサラリーマン(社会人)でなかおかつ値段的にも高くついてしまう通学講座の選択は、現実的に難しいため、残りの選択肢である「通信講座」と「独学」の二択となります。

その際に直面する通信講座か独学かでどちらにすれば良いのか両者のメリット・デメリット、どんな人が向いているのかについてご紹介しています。

詳細はこちら
行政書士の通信講座と独学どっち
行政書士の通信講座と独学のどっちにすべき?【通信講座がベストなわけ】

行政書士試験に合格したいけど、仕事が忙しくなおかつ値段を考えると通学は現実的に難しい。 残りの選択肢である「通信講座」と「独学」ならどちらを選ぶのがベストなの? 行政書士試験の合格を目指している人の中 ...

続きを見る

行政書士の通信講座おすすめ5社の価格(費用)を比較(ランキング)

行政書士の通信講座(予備校)のおすすめ5社の価格を比較した表となります。

価格(費用)の面では、フォーサイトが2位のユーキャンよりも約2万円も安く、ダントツ1位です。


ランキング

通信講座

価格・費用

教育訓練給付金

実質料金・費用

1位(5点)

フォーサイト

54,800円(割引後)

あり

43,840

2位(4点)

ユーキャン

63,000円

あり

50,400円

3位(4点)

クレアール

169,000円

あり

135,200円

4位(2点)

TAC

207,000円

あり

165,600円

5位(1点)

伊藤塾

258,000円

なし

258,000円

※初学者コースの通信講座(通信教育)を比較対象としています。
※実質料金・費用とは価格(費用)-教育訓練給付金です。

ぎょしょ

価格(費用)だけ見れば、フォーサイトが最強に見えてしまいます。ただ、価格(費用)が安いと逆に不信感を抱きますよね。

そこで、価格とサービス品質の2軸で考えた時には、通信(教育)講座5社の位置づけがどうなるのか見てみていきます。

行政書士の通信講座おすすめ5社のサービス品質(使い勝手)を比較(ランキング)

サービス品質(使い勝手)で比較(ランキング)の評価ポイントは、

  • 動画講義
  • テキスト
  • アフターフォロー(動画講義・テキスト以外の受験支援)

の3つです。

ランキング

通信講座

1位(5点)

伊藤塾

2位(4点)

クレアール

3位(3点)

フォーサイト

3位(3点)

TAC

5位(1点)

ユーキャン

ぎょしょ

あくまで私の主観ですが、なぜこのランキング(比較)にしたのかについてはもう少し下の方で記載していますので、そちらをみてください。

なお、どの通信講座(学校)でも合格者は出ていますので一定の品質は担保されています。その上でのランキング(比較)とご理解ください。

コスパ最強の行政書士のおすすめ通信講座総合ランキング(比較表)

おすすめ通信講座を価格(費用)とサービス品質(使い勝手)の2つの軸で分析した総合ランキング(比較)は、以下の通りです。


項目

通信講座(予備校)

費用

品質

価格(費用)重視のコスパ型

フォーサイト

5点

3点

サービス品質重視のコスパ型

クレアール

3点

4点

サービス品質偏り型

伊藤塾

1点

5点

平均型

TAC

2点

3点

価格特化型

ユーキャン

4点

1点


ぎょしょ

価格(費用)のことばかりに気をとられてしまい、合格への最短距離を提示してくれる通信講座(通信教育)でないと、私が失敗してしまったように本末転倒です。今回ご紹介したように見るべき視点は価格(費用)とサービス品質の両面から検討し通信講座(通信教育)を絞りましょう。

そして、価格重視であればフォーサイト品質重視ならクレアールを選択しておけば間違いはありません。

ランキング1位【価格重視のコスパ型】フォーサイト

フォーサイトの価格(費用)43,840円と安いです。10万円をきっている通信講座がフォーサイトだけである点を考えると価格(費用)は圧倒的に際立っています。

それだけでなく、フォーサイトの令和2年度の合格率はの41.3%と受講生の5人2人以上が合格している非常に高い実績をあげています。

クレアールやTACには劣るものの、教科書や過去問も図解が盛りだくさんであり、しかっりとした解説が記載されているので、フォーサイトの教材を信じて勉強すれば行政書士突破の力を養えます。


ランキング2位【品質重視のコスパ型】クレアール

価格(費用)は、フォーサイト・スタディングの次とさほどお安くはありません。

ただ、クレアールは安さよりも、過去問題集の作りこみと、40点は捨てて、合格点である60点を確保するための勉強戦略を徹底している点です。

行政書士試験のように覚える範囲が広い場合には覚える範囲を絞り込むことは、合格するための鉄則です。

このノウハウを予備校(専門学校)として蓄積しているクレアールはサービス品質はとても高いです。


ランキング3位【品質偏り型】伊藤塾

伊藤塾の行政書士通信講座の品質はとても高いです。

ただし、他の行政書士講座と比較して価格が高額である点がネックです。

20万円を超える受講料の支払える予算があるのであれば、教材などの品質は申し分ないので、後は信じて勉強するのみです。

ランキング4位【平均型】TAC

価格を基準にすると、TACは下から2番目となります。

たしかに、価格的には高いですが、行政書士の大手予備校としてのブランドが確立されています。

TACの通信講座(通信教育)を受講する最大のメリットは、母集団が多いことです。

母集団が多いということは、自分の立ち位置がわかるため、勉強の進捗やPDCAに反映しやすいですね。

しかし、質問回数に制限が設けられているというデメリットも存在しますので、注意が必要です。

ランキング5位【価格特化型】ユーキャン

正直に言って、ユーキャンの行政書士通信講座で勉強するのはおすすめしません。
63000円とフォーサイトに次に安い値段ですが、動画講義はついておらず、教材のみであるため、独学で勉強するのとあまり変わりがないからです。

ぎょしょ

動画講義だけでなく、5万・・・とフォーサイトの方が値段的にも安いことを考えると個人的には選択肢しずらいです。

まとめ

行政書士の通信講座(通信教育)を選択するうえで、価格は重要な決定要因です。しかし、価格(費用)だけで判断してしまうとサービス品質がともなっていなかった場合に、合格からは遠のいてしまいます

ぜひ、今回の価格とサービス品質のランキング(比較)を参考にしながら、ご自身が納得いく通信講座(通信教育)を受講されることを願っています。

ぎょしょ

通信講座(通信教育)はあくまで最短合格を目指すツールです。結局最後は、自分自身がどこまで本気度を高く持って目指せるかです。
応援しております!

Copyright© ぎょしょべん【行政書士の合格応援サイト】 , 2021 All Rights Reserved.